消費者金融至急お金を借りるならおすすめはココ!

プロミスでは、申込みの受付けは24時間365日審査は最短30分で回答できるところが大人気になっています!

さらにネットなら申込みしてから最短1時間で融資が可能!

自分の口座に振り込んでもらえばカードレスも対応OK!
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

その日のうちに入金してもらうなら平日14:00までにWEB契約が完了していればOK。

平日14時過ぎでも土日祝日でも、ネットで申込み、審査を通過後に最寄の自動契約機に行けばすぐに借りられます!無人契約機は22時まで利用可能!(※一部21時もあります。)

その場でカードを受け取れば、自宅に郵送物は届かないので家族にもバレません。(※三井住友銀行/SMBCのローン契約機(ATMの隣にある小さなボックススペース)でもカード受け取り可能です。)

夜間借りたいときはどうすればいい?
 
三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば夜間でも振込可能!(※初めての方は22時までに契約完了が必要です。)

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録しておけば、パソコン・ケータイ・スマートフォンから24時間365日、最短10秒で口座へ振込キャッシングしてくれますよ。

30日間無利息サービスの申し込みは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用できます。

女性の方はこちらが便利⇒プロミスのレディースキャッシング☆

金利 限度額 人気度
4.5%〜17.8% 500万円 評価5

モビットでは、インターネット申込みを24時間受け付け、全国の提携ATMはもちろん、パソコン・スマートフォン・ケータイでいつもどこでもキャッシングが可能。

即日融資を受けるためには、平日14:50までに申込・審査・契約を完了させるか、14:50過ぎた場合はネットで審査を完了させた後、ローン申込機でカードを発行すれば”即日融資”が可能です。

ネットで審査完了後の入会手続き時に、カードの受取り方法をローン申込機と指定し予約番号を入手してください。そうすれば、お近くのローン申込機でカードを発行することができます。

ローン申込機の営業時間は設置場所により異なりますが、平日はもちろん土日祝日も夜9時まで営業しているのでとっても便利ですよ。

*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
金利 限度額 人気度
3.0%〜18.0% 800万円 評価4.5

アイフルでは、審査申込みはネットで24時間受付けています。

申込から審査まですべてをネットで完了すれば、もちろん来店は不要。

最短30分で審査完了。

1,000円から500万円まで融資可能。
(※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。)

パートやアルバイトでも定期的収入があれば申込可能。

利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額が100万円以下のケースは収入証明書は原則不要


カードの受け取りは、配達日時を指定できる宅配便か、もしくは無人契約機で受け取ることもできます。

*無人契約機へ行く時には、審査に通らない場合もありますので、事前にネットで審査申し込みしてから行くとムダ足にならずにすみますよ。(家族に内緒で借りられる可能性大)
金利 限度額 人気度
4.5%〜18.0% 500万円 評価4

 

銀行でのキャッシング

至急お金を借りる方法

銀行から、キャッシングをしているという方がいます。銀行のカードローンなら、金利も低く、申込み手続きも楽なので、使いやすいキャッシングといえます。インターネットから手続きが可能なことも、銀行のカードローンの魅力といえます。

 

ネットを使えば、銀行まで行かずとも自宅にしながら手続きができます。低金利で、大口の融資が受けられることが、銀行でのキャッシングのいいところです。自分の信用が担保になるため、保証人や手数料はかかりません。

 

銀行でのキャッシングは総量規制の対象外なので、消費者金融とは違い年収の3分の1以上の借り入れが可能です。事業資金として融資されたお金ではありませんが、借りたお金の使い方は制約がないことから、どういった使い方もてきます。

 

銀行のカードローンでは、通帳からお金を出し入れするために作っているカードがキャッシュカードなる場合があります。キャッシュカードでお金を下ろす感覚で、銀行からの融資を受けることができます。カードの発行の仕方は銀行によって異なり、総合口座のためのカードと、キャッシングのためのカードが異なる場合もあります。

 

銀行のキャッシングを利用する利点に、傍から見た時にキャッシングなのか、口座引き落としをしているのかわからないことがあります。銀行のキャッシング審査が通っているということで社会的信用が得られる可能性もあるでしょう。

 

個人が低金利で受けられる公的融資

至急お金を借りる方法

多くの人が、低金利で融資をしてもらえるところを探しています。金利を気にして融資先を選ぶという人は少なくないようです。企業であればさまざまな方法を知っていますが、個人向けとなると知らない人が多いのではないでしょうか。

 

高齢者や、低所得者失業世帯には公的融資が低金利で利用可能ですが、知名度はさほどではありません。介護が必要な高齢者や障害者と同居してるために、フルタイムで働けず収入が足りない人もいます。

 

生活福祉資金は、何らかの事情で職を失ってしまったという人が使うことができるというものです。生活福祉資金とは、各自治体の社会福祉協議会に申し込むことで利用できる低金利の融資で、都道府県の社会福祉協議会が扱っています。

 

融資金の目的は介護サービスの利用や、就職時に役立つ技術の取得のためなどで、費用を借りることが可能です。生活困窮が広がっている状況を踏まえ、低所得者や失業者などの生活再建を前提とし低金利で融資しています。

 

母子家庭、交通事故被害者、寡婦などが、低金利で公的融資の対象となる人達となっています。低金利で融資が可能なものが多く、金利0で借りられるものも存在します。できるだけ低金利で融資を受けるためにも、公的融資がもし利用できるならば、検討してみましょう。